Paris Gourmand パリのおいしい日々3

ラリック新作コレクション発表会(パリ)Nouvelle collection chez Lalique Paris

21 janvier 2019

La nouvelle collection “Aquatique” de Lalique a Pagode Paris.
Beau, beau, beau….
ラリック新作コレクション”アクアティック”@パゴダ・パリ。
d0383957_00451027.jpg
d0383957_01082033.jpg

館全体をラリックでデコレーションして、まるでラリック美術館
アリック・レヴィがデザインしたオブジェ、色に魅入る。新作色でつくったサメ、かわいい。マクラーレンコラボの新作、素敵。
ラリックのクリスタルを満喫後、ミシュラン発表会で「ヴィラ・ルネ・ラリック」のシェフを務めるジャン=ジョルジュ・クラインと出くわしたので、久々にちょっとおしゃべり。「ラーンスブール」が懐かしい。「ヴィラ・ルネ・ラリック」未体験。ホテルもレストランもとっても素敵そう。行きたいな〜。
d0383957_00450982.jpg
d0383957_00451019.jpg
d0383957_00451029.jpg
d0383957_00451099.jpg
d0383957_00451062.jpg
d0383957_00450985.jpg
d0383957_01082809.jpg
d0383957_00451058.jpg
d0383957_00451105.jpg






# by yukinokano3 | 2019-01-23 01:10 | アート | Comments(0)

ミシュランフランス2019年(パリ)Micheln France 2019 Paris

21 janvier 2019

Michelin France 2019.
Bravo bravo bravo, Laurent & Mauro⭐️⭐️⭐️
ミシュランフランス2019年。
d0383957_08205862.jpg
前日に星を落とす店の情報が出て、結構ショッキングな内容だった。その話題でざわつきながら迎えた発表会。
d0383957_08223728.jpg

新3つ星の二人、嬉しい。
「ミラジュール」のマウロ・コラグレコ。ジャック・シボワが持っていた「ミラジュール」を買ってから数年、ほんとに人が来なくて大変だった時期を覚えてる。2〜3年おきに食べてきているけれど、都度、その進化に拍手してきた。
去年は50Bestで3位(フランス最高)、そして今年はミシュラン3つ星。すごいね!ひょっとして史上初の外国人3つ星?
d0383957_08231195.jpg
2年前に遊びに行った時。ヴァンティミリアの市場では、大ファンのブルノ・シリノと遭遇。
d0383957_21385342.jpg
d0383957_21390963.jpg
d0383957_21394070.jpg
d0383957_21390366.jpg

もう一人の3つ星は、「ル・クロ・デ・サンス」。こちらも、しみじみ嬉しい。15年位前に食べたのちずっと行ってなくて、一年前に久々再訪。
すっかり新しくなった店で、2度食事をしたけれど、一度目は、うん、まあ2つ星だね。そして2度目は、おお!これは3つ星になるかも!だった。”できることはすべてやってきた、どうすれば、どこを改善すれば、俺は3つ星を取れると思う?”とため息つきながら聞かれ、答えに窮したっけ。
その直後のミシュラン発表会ではローランの笑顔を見られなかったけれど、今夜、満面の笑顔を見られてよかったよー。
d0383957_08233008.jpg
1年前の訪問時。
d0383957_21392474.jpg
d0383957_21392523.jpg
d0383957_21393209.jpg
d0383957_21393283.jpg
d0383957_21392576.jpg

二人とも、涙を浮かべてのスピーチ。こちらももちろん目がウルウル。
d0383957_08233048.jpg
d0383957_08233172.jpg
Felicitations, David, Stephanie et 3 autres dans la région⭐️⭐️
2つ星は5人。ダヴィッド&ステファニーのパリ組は順当。去年の発表会のダヴィッドの辛そうな顔が、これで記憶から消されるね。 
地方は、二人はこの数年話題沸騰な料理人、もう一人は、3つ星の父親の血を引いたサラブレット。地方、3人ともまだ食べたことがない。行きたいな〜。
d0383957_08241009.jpg
d0383957_08241649.jpg

Bravo les 11 japonais et les autres⭐️
1つ星、68人。うち日本人11人(だと思う)。圭吾君、キクチさん、千帆さん、スギヤマさん、啓太君、よしのりシェフ、岡崎さん、沖山くん、アキシゲさん、西シェフ、ナベタさん、おめでとう!(漏れがあったらゴメンナサイ。)お目にかかったことない方が4人も。勉強不足、、(汗)。
マウロ&ダヴィッドというアラン・パサールの弟子たちが揃って3つ星&2つ星もすごく嬉しいし(アランも超ご機嫌)、マウロがスピーチで、彼のスーパースーシェフだった千帆さん&マルセロの星獲得に触れていたのも、じ〜ん。
ここ数年で一番感動的というか人間味あふれる発表会だったな。
d0383957_08244403.jpg
それにしても、今年も3つ星は地方が占めた。この10年ほど、新3つ星はほぼすべて地方。パリは、アレノ・パリ、ル・サンク、ADPAが2〜3年前に3つ星になったけど、もともと3つ星シェフたちなので、正真正銘の”新”とはちがう。一番最近の”パリの新3つ星”って、ひょっとしてエピキュールのエリック・フレションの10年前じゃない?
今のパリで3つ星圏内にいる、と個人的に思っているシェフは、5人。うち2人は、このまま行けば2年以内に3つ星になると思っているけど、どうかな〜。
d0383957_08263134.jpg
d0383957_08263911.jpg
d0383957_08275951.jpg












# by yukinokano3 | 2019-01-22 08:29 | | Comments(0)

レ・グランド・ターブル・デュ・モンド65周年(パリ)Les Grandes Tables du Monde, 65eme annivesaire

21 janvir 2019

Les Grandes Tables du Monde, 65eme annivesaire a Ritz Paris🎈
Cette années, Kei, Alexandre C., Alexandre G., Monsieur Klein entres autres sont accueillis a cette grande chaine de gastronomie mondial. Bravo!
Et bonjour tout les chefs que j’adore💕
世界中のトップシェフが名を連ねるレストラン協会、”レ・グランド・ターブル・デュ・モンド”。日本も5軒が加入している。
d0383957_08134577.jpg

今年は65周年記念で、13人の新たなメンバーが、この名誉ある協会に入った。
フランスからは4人。圭くん、アレックス・クイヨン、アレックス・ゴティエの、個人的”未来の3つ星”3人と、重鎮ジャン=ジョルジュ・クラインシェフ。
モエ・ヘネシーがパートナーで、新メンバーへのプレゼントは各メゾン自慢のシャンパーニュマグナム。クリュグ、クリュグ・ロゼ、ドン・ペリニオン、リュイナール”ブラン・ド・ブラン”、ラ・グランド・ダム、、。クリュグ当たったシェフ、いいな♪
d0383957_08134494.jpg
発表会は今年もリッツ・パリ。カクテルの料理が美味で幸せ。
d0383957_08134414.jpg
d0383957_08134431.jpg
d0383957_08134588.jpg
d0383957_08134533.jpg
d0383957_08134556.jpg
地方&パリの大好きシェフたちがたくさん来ていて嬉しい再会。
みんな元気そうでなにより。また後ほど、ミシュラン発表会で。
d0383957_08134416.jpg
d0383957_08134444.jpg
d0383957_08134407.jpg




# by yukinokano3 | 2019-01-22 08:15 | | Comments(0)

プラシド・ドミンゴ”ヴェルディ・ガラ”(パリ)Placido Domingo Gala Giuseppe Verdi a Philharmonie de Paris

18 janvier 2019

Placido Domingo a Gala Giuseppe Verdi.
Il chante depuis 60ans, incroyable!
Toujours charismatique, beau et sa voix est élégante et suave.
プラシド・ドミンゴの”ヴェルディ・ガラ”。
ドミンゴは今年、歌手生活60周年ですって!
d0383957_01134699.jpg
d0383957_01212755.jpg
d0383957_01213510.jpg

去年、オペラ座の「ラ・トラヴィアータ」で歌った父役で、20年ぶりくらいにドミンゴを聴いて、健在ぶりに圧倒された。
登場と同時に、歌う前から盛大な拍手とブラヴォーの嵐。それに答える仕草や笑顔も、余裕の貫禄。大衆の歓喜をその身に受けるために生まれてきた、って感じで、スターオーラがキラッキラ。
高音がきれいなバリトン。もともとテノールですものね。甘くて朗々、いい感じに陰影もあって、聴いていてとても心地よい。若い頃はワーグナーが似合っただろうなぁ。ドミンゴのワーグナーを聴いたことなくて残念。叙情的なところとか、語るように歌う感じがカウフマンと重なる。カウフマンも年取ると、こんなバリトンになるのかな。
ドミンゴガラとはいえ、一人で2時間半越えの公演は無理なので、仲間達をつれてきた。
ソプラノのイリーナ・ルング。最初の曲は大丈夫?と思ったけど、ぐんぐん調子を上げてきて、最後2曲ブラーヴァ!特に「ラ・トラヴィアータ」は見事。多分これ、いままでもたくさん歌ってる大好きな役なのでしょうね。
テノールのアルトゥーロ、チャコン=クルスは、まだ若く、見た目も声も振る舞いも、ヒヨヒヨ。フィルハーモニー・ド・パリなので声届くけど、オペラ・バスティーユだと奥の方、口パクに見えるだろうな。とはいえ、声の質は明瞭で表情豊かでかなりよい。プッチーニとかが似合いそうね、と友達と言っていたら、アンコールは「トスカ」。見事な歌いっぷりで会場大熱狂。あと5年くらいしっかりお稽古したら、声量も安定して、かなりいい歌手になるような気がする。彼、以前”ドミンゴコンクール”で優勝していて、ドミンゴお墨付きの歌手みたい。
歌以外で楽しかったのは、男性歌手3人の衣装比べ。タキシードのデザイン、シャツのボタンのマテリアル、蝶ネクタイの形やハリ、ネッカチーフの生地質や折り方、そして靴。細部へのこだわりがそれぞれで、見比べが楽しい。でも、チャンコ=クルスの腕時計はいただけない。SSベルトの光を反射する腕時計が袖から見えるのは見苦しいしエレガントじゃない。袖もっと長くするか(ドミンゴの袖は手の甲の1/3位を隠してた)、外してほしい。
今夜の難点は、オケ&指揮者。本当は、ラジオフランスだったのにいつの間に、ベルギーナショナルオーケストラに変わってた。下手だし、歌手とのタイミングも合わないところ多々。せっかくの歌を邪魔するくらいなら、ない方がいい。1部、2部の最初に奏でられる序曲も聴くに堪えない。どうしてラジオフランスから代わっちゃったのかしらね。。。
オケを抜かせば、なかなか楽しいガラ。次は是非、ヴェルディでなく、ワーグナーガラをパリでやっていただきたいです、ドミンゴ様。
d0383957_01132886.jpg
d0383957_01133971.jpg
d0383957_01132812.jpg
d0383957_01225580.jpg
d0383957_01135509.jpg











# by yukinokano3 | 2019-01-21 01:24 | アート | Comments(0)

ル・グー・デュ・ジャポン秋田県フェア(パリ2区)Akita au Gout du Japon Paris

18 janvier 2019


Le Gout du Japon de Workshop Isse, la foire du prefecture d’Akita.
Sublime collection de Shoyu ou Miso, des “bento” avec des délices d’Akita, etc.
日本大使公邸での新年の賀詞交歓会にお招きいただき、おせち料理やおぞうにをいただいたら、俄然お腹が和食モードに。
和食材の買い出しをしようとワークショップ・イセに来たら、お向かいのル・グー・デュ・ジャポンのブティックで、秋田フェアのオープニングセレモニーが折しも始まるところ。ナイスタイミング、覗かせてもらおう。
d0383957_00373783.jpg

秋田は発酵食品が自慢だそう。寒い国は、食品保存のための発酵技術が優れてるね。北欧諸国にも通じる。というわけで、日本酒&どぶろくはもちろん、お味噌やお醤油のラインナップがとても豊富。乾燥納豆もいいね。あ、いぶりがっこも!
大使公邸でおせちやお雑煮を満喫したばかりなので、お腹いっぱい。秋田食材を使ったおいしそうなお料理を全然味見できず、残念〜。
d0383957_00374902.jpg
d0383957_00374856.jpg
d0383957_00373794.jpg
d0383957_00380093.jpg

d0383957_00375977.jpg
d0383957_00375929.jpg
d0383957_00372863.jpg
d0383957_00362555.jpg
d0383957_00361283.jpg

秋の第二回駅弁フェアの時に一番好きだった、花善「鶏めし」がここにも。花善さん、フランス法人を作ったそう。
あきたこまちのご飯に鶏の風味が沁みた「鶏めし」を、夕食用に買って帰る。ほんとはあきたこまちも買いたかったのだけれど、お値段高くて断念。日本から持ってきたお米を食べ尽くしてしまい、ただいまお米なし生活中〜。
d0383957_00352464.jpg
d0383957_00351199.jpg
秋田といえば、秋田犬。そして秋田犬といえば、”マサル”。マサルぬいぐるみも登場。かわいいな♪ 観光ポスターにも秋田犬をたくさん使っていて、キャッチー。
d0383957_00374966.jpg
d0383957_00374904.jpg
d0383957_00372731.jpg

外国人観光客用のパンフレットも、写真がすごくきれいでレイアウトもグラフィックで、見ていて楽しい。表紙&背表紙、もちろん秋田犬。お土産のミルキーや枝豆スナックも秋田犬仕様。(この、秋田の朝採れ枝豆スナック、美味!日本に行く時、アマゾンで買おう。)
PRがなんかいいな。秋田県、いつか行けますように。
ル・グー・デュ・ジャポン秋田フェア、1月末まで。各種お弁当販売は、多分来週いっぱい。要確認。
d0383957_00352478.jpg
d0383957_00362545.jpg
d0383957_00362566.jpg
https://www.facebook.com/WorkshopISSE/photos/a.219720478043266/2548758115139479/?type=3&theater









# by yukinokano3 | 2019-01-20 00:41 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。1、2もあります。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano3
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

検索