人気ブログランキング |

Paris Gourmand パリのおいしい日々3

メゾン(パリ11区)Maison Paris 11eme

14 septembre 2019

Toutes mes félicitations Sota Atsumi, pour ta sublime “Maison”!
Beau comme tout, délicieux, agreable. Une maison qui deviendra une très grande maison.
メゾン。渥美創太くんの独立店がついにオープン。おめでとう、創太くん!

d0383957_02124985.jpg

2012年くらいにヴィヴァン・ターブルで初めて創太くんの料理を食べて以来、ファン。
その後、クラウンバーでも大活躍したけれど、私はヴィヴァン時代の創太くんの料理が大好きだった。メゾンではどんな料理を披露してくれるのかしら?

パリでは珍しい一軒家。鉄の素敵な扉の横に、鉄製のロゴbyデヴィッド・リンチ。チャイムを鳴らすと扉を開けてくれるスタッフ。初めまして、メゾン!

d0383957_02120016.jpg
d0383957_02122157.jpg
南仏によくあるような、六角形のテラコッタタイルを、床だけでなく壁にも利用した広い空間がとても美しい。このタイルを壁に貼り付けたセンスに痺れる。
内装は、青山の名門インテリアショップの吉田安志さんによるもの。リトグラフなどはイデム。手すりの下の部分のカーヴや張り出し方もとても好き。地上階の空間美にまずは見とれて、なかなかレストランがある上階に行けない(笑)。テーブルに飾られたお花は、創太くんの師匠、吉野建シェフから届いたオープニンブのプレゼント。

初めて訪ねる店って、楽しいなぁ。

d0383957_02132019.jpg
d0383957_02134741.jpg

d0383957_02134808.jpg
d0383957_02134873.jpg

ワクワクを高めながら上階へ。そこは、大きな天窓から柔らかな自然光が差し込む広々とした空間。大きなオープンキッチン(ヴィヴァン・ターブルやクラウン・バーの10倍はある(笑)?)、厨房という舞台を臨む長さ8mほどもある大きなターブルドット。その後ろに丸テーブルがいくつか。センスよい、見た目に心地よい空間。

d0383957_02145217.jpg
ジャック・ラセーニュで乾杯し、ウキウキしながらメニューを開く。

15品のコース。面白いのは、15品が3つのコースに分かれていて、6皿くらいかけて前菜、主菜が終わったのち、ちっちゃなアイスクリームで一度コースが終わる。そして今度は4皿くらいかけて前菜、主菜、ソルベ。そして再び主菜に戻って最後におやつ、という構成。確かに、最後に肉料理3種続けて食べるより、軽いデセールや前菜を挟みながらいただく方が緩急があって楽しいし食べやすい。

メニュー表紙の、メゾンをイメージした絵が、ミロ風でとても素敵。創太くん知り合いのフランス人アーティスト、名前聞いたらど忘れしていて判明せず。今度、教えてください、創太くん。

d0383957_02185332.jpg

d0383957_02152753.jpg

そば粉のゴーフルをアミューズに、第一コースは、トマト&カジキ(だった?)、イワシ&水ナス、カニ&キュウリ、イカ&きのこ&ステムレタス、豚首肉&ミラベル&蜂蜜、フルム・ダンベールのアイスクリーム&イチジク。

d0383957_02161194.jpg
d0383957_02162411.jpg

d0383957_02162447.jpg
d0383957_02163882.jpg
d0383957_02163821.jpg
d0383957_02180119.jpg
d0383957_02194493.jpg

第二コースは、セープ、湯葉のピルピルしたて、スズキ&カヴィア、牛タンのムール風味、春菊のソルベ。
d0383957_02210957.jpg

d0383957_02223475.jpg
d0383957_02223444.jpg
d0383957_02223512.jpg

そして最後のコースは、ガリス牛&牡蠣、とうもろこしのプリン、ショコラのスフレ。プチフールは、タイルと同じフォルムの甘いゴーフル。合わせるアンフュージョンは自家製ハーブから、マージョレーヌとヴェルヴェンヌを混ぜてもらう。

d0383957_02232082.jpg
d0383957_02232081.jpg

d0383957_02232061.jpg

どれもおいしい〜。中でもお気に入りは、イワシ(フレッシュ感抜群)、カニ(王道のフランス料理の魅力がふわっと)、豚首(テクスチャーも味も好き〜。ミラベルとの相性もはなまる)、湯葉(創太くんのマイブーム食材。ピルピルのとろみがオクラのとろみと融合して楽しい)。
里佳子さんのデセールも素敵。フルムダンベールのアイスととうもろこしのプリンにぐっとくる。

創太くんたちの仕事風景を楽しみながら、次々と運ばれてくる初めまして!の料理&デセールに舌鼓をうつ3時間半。

d0383957_02253286.jpg
ソフトオープン二日目で、これだけの品数を30人ほどに提供するって、すごいね。創太くんの”家”が、これからどんなに素敵に発展していくのか、とっても楽しみ。
オープンおめでとう&ごちそうさまでした、創太くん&みなさん。
d0383957_02122183.jpg

(おまけ:12〜13年頃のヴィヴァン・ターブルの写真。今見直してみてもうっとりする料理&創太くん若い〜&まさきシェフ元気かなぁ。)


d0383957_02262782.jpg
d0383957_02262649.jpg





# by yukinokano3 | 2019-09-16 02:32 | | Comments(0)

グロア島の自然(グロア島) Iles de Groix

13 septembre 2019

ブルターニュはロリアンの沖にあるグロア島に、初上陸。
d0383957_02041058.jpg

Paysage de l’ile de Groix, primitivement beau.
グロワ島をぐるりと一周。プリミティフな美しさをたたえた風景がたくさん。
フランスではここともう一か所でしか見られないヒースや、世界的にも珍しい、ミルフイユみたいにハラハラと崩れる地層がある。
d0383957_02050762.jpg
d0383957_02053624.jpg

d0383957_02050720.jpg
d0383957_02053692.jpg
d0383957_02053674.jpg
d0383957_02054591.jpg









# by yukinokano3 | 2019-09-16 02:07 | その他 | Comments(0)

魚介ソワレ(ブルターニュ)Soree des possons/crustaces en Bretagne

11 septembre 2019

Caviar + Champagne B de B non dose = Aperitif souhete.
Pour manger solo, j’aime le caviar gras avec la note de noisette. Pour manger avec la pomme de terre, je préfère le caviar plus sale.
En tout cas, j’aime tout et je n'arrête pas a manger et a boire.
カヴィア+ブランドブランのノン・ドザージュ=幸せアペリティフ。
カヴィア、そのまま食べるなら、大粒で脂が乗ったヘーゼルナッツ系の味わいが好きだけど、ジャガイモの乗せて食べるなら塩分強めのカヴィアの方が相性がいいと思う。
右手にスプーン、左手にグラス。両手の動きが止まらない♪
d0383957_23382909.jpg
d0383957_23382933.jpg
d0383957_23384567.jpg

Diner aux poissons a Bretagne🐟
Combien de sorte de poisson on a deguste? Combien de gramme de beurre on a mange? Combien de bouteille on a vide? Combien d’heure cette soiree a dure?
Tout est délicieux😋
続いて、大お魚宴会🐟
d0383957_23402306.jpg
d0383957_23401496.jpg
d0383957_23394283.jpg
d0383957_23394309.jpg
d0383957_23392859.jpg
d0383957_23391591.jpg
d0383957_23392879.jpg
d0383957_23414243.jpg
d0383957_23414327.jpg
d0383957_23414338.jpg
d0383957_23414363.jpg
d0383957_23414323.jpg
d0383957_23414392.jpg
d0383957_23414364.jpg
d0383957_23420051.jpg
何種類の魚介を食べたでしょう?何百グラムのバターを消費したでしょう?何本ワインを空けたでしょう?何時間宴会をし続けたでしょう?
魚介&バター、ブルターニュ万歳!







# by yukinokano3 | 2019-09-15 23:43 | | Comments(0)

オマール&ラングスティヌ(ブルターニュ)Homard & Langoustine de Bretagne

11 septembre 2019

Bonjour les bleus!
Ils ont plus d'un kilo.
ボンジュー、オマール!
オマールブルーという名に恥じぬ青さ。(今は、オマールヨーロペアンに名前が変わってたかな?)おっきいこたちは1kg超え。
d0383957_23330584.jpg
d0383957_23332006.jpg

Décortiquerons des bêtes! Je me suis bien amusée.
殻剥き挑戦!楽しい♪
d0383957_23321057.jpg
d0383957_23321054.jpg
d0383957_23315688.jpg

Une fois décortiqué, on doit les savourer, ces beaux homards bleus😋
殻むき終わったら、お味見会。
オマールブルーの有塩バター焼き😊
d0383957_23294874.jpg
d0383957_23301679.jpg
d0383957_23294823.jpg
d0383957_23301629.jpg
d0383957_23301617.jpg
d0383957_23303217.jpg

A vrai dire, je préfère la langoustine que l'homard💕
オマールも悪くはないけど、私はラングスティーヌのほうがずっと好き💕
バター焼きやカルパッチョ、ビスクにさっとつけてたっぷりいただく。
d0383957_23305265.jpg
d0383957_23311073.jpg
d0383957_23311035.jpg
d0383957_23305255.jpg
d0383957_23303227.jpg






# by yukinokano3 | 2019-09-15 23:35 | | Comments(0)

ロリアンの大西洋(ロリアン) 

11 septembre 2019

Elle est belle l'Ocean Atlantique.
再びブルターニュへの旅。
ロリアン近郊の大西洋、美しい。
d0383957_23213469.jpg
d0383957_23220961.jpg
d0383957_23214672.jpg
d0383957_23215737.jpg
d0383957_23215805.jpg
バゲット持って、ジョナサンたちと目つきが悪い鳥さん(なんだろう、この鳥?ウミネコにしては巨大なような)に餌やりに海岸へ降りる。
d0383957_23202724.jpg
d0383957_23202713.jpg
d0383957_23202740.jpg
d0383957_23202700.jpg
d0383957_23204701.jpg
d0383957_23204759.jpg


旅の仲間は泳いだ。いくら太陽が暑いいいお天気とはいえ、水は冷たいでしょうに、、。
d0383957_23204703.jpg





# by yukinokano3 | 2019-09-15 23:22 | その他 | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。1、2もあります。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano3
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

検索